沢 柿 教 伸
 
in englishin japanese
Blog カテゴリ一覧
Blog 最新のエントリ
Blog 最新コメント
連絡先
沢柿 教伸
::お問い合せ::
Feed

Click for Sapporo, Japan Forecast

Links
Counter
Today
Yesterday
Total
From 2005/04/01
ようこそようこそ
沢柿 教伸
Takanobu Sawagaki Ph.D.

博士(環境科学)


2015年4月より法政大学で働いています.
このサイトの続きは
http://www.sawagaki.jpn.org/
2015年3月25日 (水)
北大の卒業式・修了式・学位授与式が行われた今日,ようやく研究室の物品の搬出を完了しました.私にとっても30年目にしてようやく北大を卒業する日です.人生の三分の二を過ごしたエルムの学舎は,もうすっかり第二の故郷となってしまいました.これからもずっと縁を保ち続けていきたいと思っています.

image
image
image
このサイトはしばらく残しますが,今後は新しいサイトで続けていきます.


2015年3月12日 (木)
はずかしながら環境科学院写真コンテスト2014に応募していた写真をここで公開します.地理学の現場のおもしろさをアピールすることを狙ったものだったんですけど...残念ながらどれも落選してしまいました.一部趣味も混じってます...コンテスト自体は学院紹介パンフなどに利用する写真を発掘することが主目的なので,去りゆく私の写真はもう不用ですね.

image 【開け!地図の扉】(スイス実習・グリンデルワルトにて:登山道を歩き始める前に現在地の確認.屏風のように一斉に広がった地図が印象的でした.スイスの地図は芸術品なみのクオリティです)

image 【同水準を見極める】(スイス実習・フルカ峠付近にて:ハンドレベルを覗いて峠の向こうの同じ高さの地形を探しています.奥にグリムゼル峠からのつづら折れ道路が見えます)

image 【ハイジのように乗れるかな?】(スイス実習・フルカ峠付近にて:ハイジのアニメに出てきそうな入道雲は,氷河と峠のおりなすローカルな気象条件の産物です)

image 【沈みゆく氷河のパッチワーク】(スイス実習・ローヌ氷河のモレーンにて:後退が顕著なローヌ氷河は,表面高度も低下しています.それを食い止めるために人工的に敷き詰められたシートの白,そしてかつて氷河が覆っていた岩盤に侵出しているライケンの緑,そのパッチワークの景観から,解氷後の地形発達を読み取っていきます)

image 【ドローン】(旭岳裾合平付近にて:最近はやりのUAVを飛ばして登山道の浸食状況を把握します)


2015年2月1日 (日)
2014.12.29〜2015.2.15:南極半島・リビングストン島で熱水掘削
image

image

10月6〜26日の3週間,優秀なアジアの青少年が日本を短期訪問してアジアと日本の青少年が科学技術の分野で交流を深めることを目指す「日本・アジア青少年サイエンス交流事業」(「さくらサイエンスプラン」)の招聘で,中国・蘭州大学の11名の皆さんが北大・環境科学院に滞在.環境起学専攻・人間生態システムコースの渡辺悌二教授を中心となってホスト役を務めます.大雪山国立公園・札幌円山・洞爺湖有珠山ジオパークへの訪問をはじめとして,UAVやLPSを使った最新の地形解析技術の習得,国立公園管理やジオパークについてのディスカッションなど,様々なプログラムを通じて交流を深めます.

記録は【こちら


image 雪氷学会論文賞をいただきました.

Copyrights © 1995-2016 T.Sawagaki